神式葬儀を実際にした口コミ。仏式葬儀よりも安くてお墓も楽って本当?

宗教に拘りがないのなら、神式が安くてサマになるのでおススメ。無宗教スタイルで聖職者なしの葬儀もアリだよ。実父を神式葬儀・神式墓を建て、仏式よりも格安だった実体験。

この記事は、お葬式やお墓について、特に宗教に拘っていないので、出来れば費用を抑えたい。という方に向けて、私の体験を元に書きました。

お葬式について調べてみると、仏式も神式も結局は、さほど値段は変わらない。
神式は戒名がないので、その分だけ安くなる。
というような情報を目にする事があります。

しかし、本当にそうでしょうか?
神式の葬儀は、全体の2%ちょっとだそうなので、神式葬儀の情報が少ないのでしょうね。

私は、実際に実父を神式葬儀して、神式の墓に入れる事により、仏式よりも格安になった実体験を語りたいと思います。

皆さんのご家庭は、仏教に属していますか?
あなたは、結婚式をする際に、仏前式で行ったのでしょうか?

結婚式は、教会や式場のチャペルで、神父さんを呼び、ウェディングドレスを着てキリスト教スタイル。
そして、新年には、神社に行って初詣をする。
でも、お墓に入る時は、お坊さんを呼んで、仏教式の葬儀を行う。

このような方が多いのではないでしょうか?

私は、神式で結婚式を行いましたが、宗教上の理由ではありません。
そして、特に宗教の拘りがありません。
神様(仏様)は信じますが、ある特定の宗教を信じている訳ではないからです。

さて、冒頭の、仏式も神式の葬式も結局は、値段はさほど変わらない。
という部分ですが、これは、ある意味正解です。

なぜなら、仏式であれ神式であれ、人数や式場、祭壇、飲食代等により、いくらでも質素にできるし、いくらでも盛大にする事が出来るからです。

それらの費用は、仏式であれ、神式であれ、変わりませんので。

また、神式は戒名がないので、その分だけ安くなる。
という部分ですが、これもある意味正解です。

が、安くなるのは戒名代がかからないだけでなく、その後の行事全てにおいて、一般的には神式の方が格安だという事です。
但し、有名な神社にお願いする場合は、当て嵌まらない場合もあるかと思います。
(しかし、有名なお寺と比べたら、それでも格安だと思いますが。)
ですが、それも全て神社により違うので、<相場>を問い合わせてみると良いですね。
神社は、良心的な所が多いと思いますよ。

神式の葬儀は戒名代が無く、お布施も安い?身内の危篤状態でお葬式を調べる

さて、友人の父は、あるお寺の檀家でしたので、当然の如く、そのお寺のお墓に入りました。友人の家庭は、そのお寺との関係も深いので、お寺の草むしりなどの掃除の他、様々な行事を行います。

あくまでも、友人の場合ですが、戒名代に50万円、そして僧侶へのお布施として50万円を払いました。そして、49日や1周忌、3周忌などがある度に、僧侶へ10万円のお布施をしていました。勿論、この値段は、お寺により異なりますので、もう少し安いお寺もあるかと思います。

また、他の友人がキリスト教(プロテスタント系)の協会に属していたのですが、そこでの神父さんのお布施は1万円~3万円だそうなのです。

勿論、キリスト教でもカトリック他に様々な団体に別れているので、異なるのですが、特にそのプロテスタント系の協会は、教会の建物もとても質素で、神父さんも質素な生活をしていましたね。
煌びやかな教会とか、いかにもお金がかかっていそうな建物を所有している団体は、こういったお布施も高そうですけどね。

とにかく、私達家族は以前から、仏教式葬儀の高額なお布施に反感があったのです。

なぜなら、普段困っている時に何か相談できたり、助けてくれたりするならともかく、何故、死んだ時だけ、高額なお布施を納めなければならないのか、納得がいかないからです。
(相談できたり、助けてくれたりするお寺さんもあるかとは思いますが。)

私の父は、脳梗塞で2年間の植物人間状態の後、亡くなりました。
その植物人間状態の時に、いつ亡くなっても不思議はなかったので、備えておこうと、葬儀やお墓の事を調べたのです。

その時に、親戚筋から判明した事なのですが、父は、あるお寺のお墓に入る予定でした。

しかし、一旦そのお寺の墓に入るとなると、様々な諸経費が発生し、また寺の付き合いで諸行事にも参加せねばならず、多大な時間とお金がかかる事が判明したのです。
(実父の家庭環境が複雑なので、細かい事情は省かせて頂きますが、今まで本人は寺との付き合いは無かったが、その墓に入るとなると、様々な事を引き継がないといけなくなったのです。)
勿論、お寺によっても、またその家族とお寺との関係によっても、状況は違ってくるかと思いますので、あくまでも一例ですが。
私は、前述の友人から、お寺との付き合いが大変で、正直、縁を切りたい。という話も聞いていました。

そして、父の書斎を整理していると、葬儀会社との契約書が出来てきました。

父は、生前に自分の葬儀の為に、ある葬儀会社へ積立貯金のようなモノをしていました。
どうやら葬式自体は、盛大に行いたいらしく、かなりの額が積立してあったのです。
ですので、葬儀自体は盛大にやろうと家族で合意しました。

しかし、特定の宗教を信じている訳ではなかったので、仏式に拘る事はないのではないか?
という事も同時に家族で合意したのです。
無宗教スタイルで、聖職者を招かずに、司会者だけでやる葬儀も考えたのですが、父が定年まで勤めていた会社の関係者が多く参列するので、それでは恰好がつかないという事になりました。

そこで、親戚の叔父が、知人の神主だったら、相場は5万円で葬儀一式(お通夜・告別式)をやってくれるという話を持ち込んだのです。(実際には、お車代1万円、お食事代1万円を追加して、7万円をお渡ししました。)

また、仏式で49日あたるのは、神式では50日祭という名で、神主さんに三万円をお渡ししました。

厳密には、10日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭というのもあるようですが、神主さんが、殆どの人は50日祭だけ行っているとの事だったので、そのようにしました。

また一周忌(一年祭)は、墓前で行い、その時も同様に3万円をお渡ししました。

そして、親族で合意したのは、これ以降は、特に神主さんを呼ばずに親族だけで行うという事になりました。

ですので、父の葬儀に関わる神主さんへのお布施は、葬儀一式(お通夜・告別式・車代・お食事代の7万円)と50日祭(3万円)、1年祭(3万円)の合計で13万円でした。

勿論、もっと高い神社もあるかと思います。

しかし、お寺(仏式)と比べたら、非常に安いのではないでしょうか?
いずれにしても、いくつかの神社に<相場>を聞いてみると良いですね。
聞きづらい事ではありますが、教えてくれるはずですよ^^

父の生前の意向により、お葬式自体は盛大に行ったので、参列者は300人位になりました。
そして、かかった費用も300万円位でした。(香典で100万円以上は戻りましたが)

ですが、お葬式の神主さんへのお布施が7万円だったのは、非常に助かりました。

地域によるとも思いますが、ご近所の話を聞いても仏式だと戒名と葬式で、最低でも50万円はかかるとの事だったので。

また、お墓に入ってからも、仏教だと卒塔婆(お墓にある木の札)を作ってもらうのに、更なるお布施も必要になりますよね。

神式だと、それも不要ですしね。
また、神式の墓は、シンプルな形で、ある意味、現代的なデザインだと思いますね。

因みに、無宗教スタイルの場合は、聖職者を招く必要もありません。
特定の宗教が無ければ、別に宗教に属した葬式をあげなくても良いのです。

宗教の有無に関係なくお墓に入れる霊園が多いので、宗教に属してないとお墓に入れないという事はありませんしね。
こういった無宗教スタイルのお葬式も増えているようですしね。

父の場合は、お葬式を盛大に行いましたが、母は絶対に家族葬だと言っています。
知人・友人にも伝えるだけで、実際には親族だけのお葬式が良いのだと。
そして、湯灌(ご遺体を綺麗にする)だけは絶対にして欲しく、これだけ入っていれば後はどうでも良いそうです。(笑)

そして、父の場合は、お寺のお墓に入る事を選ばずに、自分のお墓を作る事になったので、まずは墓地探しをしました。
公営墓地にしたのですが、敷地も広く費用も安くておススメですね。
また最近では、ペットと一緒に入れるお墓があったり、お墓の代わりに納骨堂を使用したり(駅に近く、屋内で仕事帰りに寄れる)、リゾート葬という旅行がてらにお墓参りするスタイルもあり、お墓も多様化しています。

ご親族やご自分でも、入るお墓が決まっていない方や、今のお墓から移動したい方などは、どんなお墓があるのか目を通しておくといいですよ。

<全国7,000以上の霊園から探せる>
お墓のポータルサイト「いいお墓」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする