gaba英会話を一般教育訓練給付制度で10万円安く受講した口コミ

マンツーマン英会話で有名なGABAを一般教育訓練給付制度を使い安く受講した体験談。
日本人カウンセラーに不満を言えば、直ぐに対応してくれるアフターケアが抜群。

私は、現在はオーストラリアに住んでいる40代です。

日本にいる時には、英会話教室に何校か通いました。

その中でも、マンツーマン英会話に特化したGABA(ガバ)が一番良くて大満足でした。

よく言われているのが、GABAは講師の質も高いが値段も高いという事です。

ですが、質の高いマンツーマンレッスンを受けるなら、これが妥当な値段だと思います。

尚、一般教育給付制度を使えば10万円が戻ってきますので、1クラスあたりの値段がリーズナブルになります。

会社員の方や、今までに1年以上の雇用保険加入歴がある方、それに該当すれば、キャリアアップや転職の為に失業中の方なども受けられます。

私などは、以前の会社に嫌気がさして退職し、失業保険給付中にこの制度を使って、平日に通いまくりました(笑)

そして、コース終了後には、英語を使う仕事に見事にキャリアチェンジ出来ましたよ^^

30代40代のビジネスマンが多く受講しているのも特徴ですね。

激安のオンライン英会話もありますが、あまりお勧めしませんね。

実際に対面であって話すのと、スカイプや電話などで話すのって違いますからね。

まずは外国人に実際に会って、いわゆる白人コンプレックスみたいなのを無くす為にも、外国人に慣れる方が良いですね。

というか、実際に海外に行ったり、日本国内の外資系企業で働くと、様々な人種の方達(白人、黒人、インド人他)がいらっしゃるので、そういう状況に慣れておくという事ですね。

特に、日本人は西洋人が苦手ですからね。

(トーイックの点数が800点以上あっても、会話が出来ない方も多いです。読み書きは上級でも、会話となると、初中級という方も実は多いのです。私はTOEIC895でしたが、会話は苦手でしたので、ガバに通いました。)

また、対面で激安のマンツーマン英会話もありますが、こちらは実は、<英会話>上級者向けですね。

フリーカンバセーションを楽しめる方向けで、特に学習する必要がなく、自分の英会話力キープの為に使うのには良いと思います。

カリキュラムというのが特に無い感じですね。
なので、自分で会話を引っ張っていく位の人なら良いですが、特に初心者には、おススメ出来ませんね。

実は、私は、<悪徳>激安英会話教室で5万円の回数券を買いましたが、結局通ったのは2回だけでした。
なぜなら、最初の体験レッスンの講師は非常に良かったのです。
しかし、実際に通い始めてみると、講師の質の低さに愕然としました。
やる気があるの?
人の話、聞いてる?
という感じで、時間の無駄なので、2回だけ通っただけです。
正に金ドブでしたね。

このような、<悪徳>激安英会話教室も実際に存在するので、激安には、注意が必要です。

前述しましたが、質の高いマンツーマンレッスンを受けたいのなら、gabaがおススメです。
講師のレベルが高いからです。

下記のような方は、特にガバがおススメですね。

ー比較的年齢層が上の方(30代40代のビジネスマンの受講も多いです。)

ービジネス英会話を習いたいので、精通している講師を選びたい。
(講師を選ぶ事も出来ます。)

ー仕事の都合により、受講場所や日時を変えたい。
(一か所だけでなく、全国のgabaのクラスで受講できます。出張先でもOK!)

ー英会話教室に通うのが初めてで、会話に自信がない。
(トーイックの点数は高くても、会話となると、尻込みしてしまう。)

ー学習教材に沿ってレベルアップして行きたい。

ー売りっぱなしではなく、入会後もフォローして欲しい。

ー交通の便が良く、綺麗な教室でレッスンしたい。

もし、gabaのクラスに不満がある時は、日本人カウンセラーに相談すれば、すぐに対応してくれますよ。

私は、一度だけですが、講師に不満があったクラスがありました。

その事をカウンセラーに伝えると、受講したクラスの分をキャンセル扱いにしてくれ、違うクラスを受け直させてくれました。

また、今後はその講師に当たらないようにしてくれました。

(私は、様々な人種やバックグラウンドの方と話したかったので、特定の講師は選んでいませんでした。尚、お気に入りの講師のみから教わりたい場合は、講師を選ぶ事も出来ます。)

こういったアフターフォローの対応がgabaの素晴らしい点です。

ガバには、オンライン含む様々な自主学習用教材が用意されていますが、そちらの使い方なども日本人カウンセラーに相談すると良いですよ。

とにかく、日本人カウンセラーを使い倒す事ですね。

gabaの無料体験レッスン

gabaとベルリッツの一般教育訓練給付制度適用クラスの比較

さて、gabaと同じく英会話で有名なベルリッツがあります。

ベルリッツも質が高いと言われており、グループレッスンもありますが、マンツーマンだと、gabaより更に高いと思いますよ。

因みに、グループレッスンは、時間の無駄なので(単純に自分の話す時間が減るし、ダラダラと時間が過ぎていく)マンツーマン一択ですね。

そして、ベルリッツの給付制度適用クラスの難点は、かなり制限があって、自由度が低い事です。

下記に簡単に、ガバとベルリッツの給付制度クラスを比べてみました。

gabaの自由度の高さに着目ですね。

◆ベルリッツ

―週に1回、固定時間で10か月 (受講回数:約40回)

―ビジネス英語のみ

◆gaba英会話

―受講回数:75回 有効期限12か月(週に何回でもOK、曜日時間が自由)

―ビジネス英語に限らず、自分で会話内容をリクエストできる。

―TOIEC公開テストを無料(通常5,725円)で受験できる

また、ベルリッツは講師がホワイトボードにポイントを書き出してくれますが、これが実は私は嫌ですね、会話が中断されますから。
そして、自分でそれをメモらなきゃならないのが、面倒臭い。
(まあ、写真撮ってもいいんでしょうけど)

しかし、ガバの方は、講師が会話をしながらメモ書きしてくれて、渡してくれます。
これは楽です。
その間に講師との会話は途切れませんでしたしね。

そして、ベルリッツの最大の欠点は、自由度が低いという事です。
社会人としては、ベルリッツの週1回の固定時間というのが、嫌ですね。

だって、残業とかあると、アウトじゃないですか!

まあ振替とか曜日変更とかもできるみたいですが、基本的には、週1で決められた時間なんですよね。

その点、gabaならクラスを予約した前日の18時までに連絡すれば、無料でキャンセルでき、受けるクラスは、その都度オンラインで予約します。

例えば、今週は残業無しだから、仕事帰りに2,3回レッスンを入れる。
来週は残業続きで忙しいから、レッスンは入れない。

そして、全国のガバで受講可能なので、出張先の最寄りのガバでもレッスンOK!

とかですね、自分の都合に合わせて、自由自在な訳ですよ。
忙しい社会人には、この自由度が本当に大事で、継続できるカギなんですよね。

という事で、もし、あなたが1年以上の雇用保険加入歴があるのなら、一般教育訓練給付制度を使い、gabaのマンツーマン英会話を受ける事をおススメします。

私は、75回のレッスンを終える頃には、かなり会話が上達しましたよ。

但し、レッスンをただ受けているだけでは、効果が低いです。

効果を上げる為には、自宅での学習(リスニングやシャドウイング、表現の言い回しを何度も暗唱するなど)が必要ですね。

そういった教材もgabaには用意されているので、それを使いこなす事ですね。

<まとめ>

◆一般教育訓練給付制度で10万円が戻ってくるなら、gabaはリーズナブル
(ベルリッツのマンツーマンの方が値段が高い)
◆ベルリッツの給付制度クラスは、自由度が低い
◆Gabaは、給付制度クラスでも自由度が高いので、継続しやすい
◆Gabaは、オンライン教材が豊富
◆Gabaでの不明点や不満は、日本人カウンセラーに相談すれば、直ぐに対応してくれる!

私は、無料体験レッスンを受けて、凄く気に入ったので、入会手続きをしました。
私自身は、失業中にgabaの一般教育訓練制度コースを受講し、コース終了後には英語を使う仕事に転職できたので、人生が変わりました。

gabaは全国展開で、無料体験レッスンを行っているので、まずは最寄りのスクールで受けてみて下さいね。

【gabaで人生を変えよう】

gabaの無料体験レッスン

英会話をイチからやり直したい。中学英語も忘れてしまっている場合は?

尚、もしも、中学英語も忘れているので、英会話をイチからやり直したい。
という方には、実は、下記の小学生向け英会話教材がおススメです。

小学生にも理解できるように、かみ砕いて説明してあります。
また、難しい文法などはなく、実践的な例文で覚えるので、自然な会話が身に付きます。

実は、私も一番最初に通ったのは、英会話ではなくて、幼児教材を使った大人の英語塾でした。ここで、基礎をみっちりと叩きこんだので、その後のトーイックの勉強もすんなり出来ました。(ガバは、トーイック895を取った後で通い始めました)

ですので、全く英語の基礎が出来てない方は、ガバに通う前に、こちらの教材をやっておくと、ガバでのコストパフォーマンスが非常に高くなります。

ある程度の基礎が出来ていないと、講師が喋って終わりになってしまいますからね。
そうなると、勿体ないです。
この教材である程度のレベルまで引き上げておくと、損しなくて良いですね。

オーストラリアでバイリンガル育児をしている私からの忠告。小学生を英会話教室に通わせる前に、インプット学習を自宅でやらないとムダ金になるよ! 日本にいる甥っ子と姪っ子が英会話教室に通ったけど、全く話せない実体験からの警告。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする