台湾の女性は共働きで専業主婦が少なく、外食が基本?女性が強くて男性が超優しい

台湾の女性は家事が出来なくてもオッケーで、子供の世話をするのは土日だけって本当?

私は、日本にいる時に、誰もが知っている某大企業で3年間、派遣で英文事務をしました。

ある時、台湾女性の方が私の部署に出張で1週間ほど来ていました。

その時に、仲良くなり、プライベートの事を話したのですが、日本とは大分事情が違うので、その内容をお伝えしたいと思います。

まあ、これは一例と言う事で、勿論、全ての台湾の家庭が当て嵌まる訳ではありません。

ですが、日本だとビックリするような事も、台湾では割と普通のようですよ。

オーストラリアの専業主婦で肩身が狭いというのと、また少し違いますね。

日本では、専業主婦の家庭は生活にゆとりがあると思われますが、オーストラリアだと、少し事情が違うみたいだよ!

台湾の女性は共働きで家事が出来なくてもいい?

台湾人女性の話を聞いていると、何とも羨ましい事ばかりでした。

私も、次は台湾女性として生まれたいなと思いましたよ!

基本は共働きで、女性は家事が出来なくてもいい。

台湾では、基本は共働きのようで、専業主婦はとても少ないそうです。

その女性は、とある富豪と結婚したのですが、結婚後も仕事を続けていました。

その理由は、まず第一に、専業主婦という考えは最初からないから。

彼女にとって、専業主婦というのは、無職に等しく、働く能力が無いからだと。

また、家事が大っ嫌いだから。

だそうです。

ですので、家事は一切やらずに、ハウスキーパーを頼み、食事は全て外食!!

そして、それが普通だと言っていました。

まあ、違う家庭もあるでしょうが、彼女の周りでは、皆そんな感じだとの事。

彼女も毎日遅くまで働いているキャリアウーマンですからね。

あ、そうだ。

確か、台湾で一番頭の良い大学を出たとか言ってましたよ。

だからきっと、大学の友人とかも皆そんな感じなんでしょうね。

専門職で、ある程度稼いでいる女性は、割とそうみたいですよ。

子供の面倒を見るのは、土日のみ?

これに関しては、色んなパターンがあるかと思います。

祖父母が子供の面倒をみる家庭も多いと思います。

しかし、彼女の家庭では、月曜日から金曜日まで、保母に泊りがけで預けてるのだそうです。

その保母さんの家では、何人かの子供を預かっており、子供が家に帰るのは、土日のみだそうです。

これについても彼女は、自分もそのようにして育ったし、周りもそうしている。との事です。

また、彼女も夫も早く帰れる日は、二人でデートをするのだそうです。

子育てをするのは、土日だけで良く、夫と二人だけの時間も取れるので今も新婚気分だとの事。

台湾では、男性は女性に尽くすのが当たり前

彼女が、日本のマクドナルドへ行った時に呆れたのが、女性が食事のトレーを片付けている事でした。

台湾では、これは男性の役目なのだそうです。

彼女曰く、台湾では、男性は女性に尽くすのが当然であり、日本の男性は優しくないとの事。

例えば食事の取り分けとか、日本では女性がするのが当然だと思われているような事は、男性の役目だという訳です。

また、殆どのカップルで、女性の方が強いそうです。

ですから、亭主関白などあり得ないと。

勿論、家事育児は分担ですし、場合によっては、家事は全て旦那さんがやる家庭もあるとの事。

女性にそこまで家事を求めていないようですし。

とにかく、女性の立場が強く、男性を立てるとかいうのは、無いみたいですね。

台湾の男性は、とにかく優しくて、女性に尽くすのが当たり前なんだそうです。

。。。。。。。。うーーーん。

羨ましい!!

マジですか。

全て外食で、ハウスキーパーが家事をやるって。

いいなあ、それ!

しかし、ハウスキーパーが家事をするのは、高所得世帯でないと無理だとしても、食事は全て外食というのは、共働きだと普通みたいですね。

例の彼女は管理職でしたが、他の台湾支社の一般事務の女性も、全て外食で家では作らないと言っていましたからね。

まあこれは、私も結婚してから、妊娠するまでは共働きだったので、平日は料理しませんでしたが。

それにしても、台湾男性って大変ですね!

女性に尽くすのが、当たり前って(笑)

なんと素晴らしい!!

日本人男性も、ある程度尽くしてくれますが、付き合いが長くなったり結婚したりすると、変わりますからね。まあ、それは女性もですが。

ところが、台湾男性は、女性に尽くすのが普通になっているので、結婚してからも尽くすみたいですよ。

ああ、、この事をもっと前から知っていれば、旦那の候補として台湾人男性と付き合ったのに!

と、本気で思いましたね。

その時は、既にオージー夫と結婚していましたから。

私は、日本では、気が強い方です。

しかし、オーストラリアでは、そんな事はありません。

そして、台湾では、もっとそんな事はないようなのです。

独身女性の皆さん、台湾人男性は狙い目ですよ!

そして、独身男性の皆さん、台湾人女性と国際結婚する時は、覚悟が必要です。

そう、奥様に尽くす覚悟が(笑)

実は、同じ部署の男性が台湾支社に勤務していた一般事務の女性と結婚していたのですが、もう大変でした。

携帯にしょっちゅう電話がかかってくるし、それで電話に出ないと怒られるのだそうです。

上司も呆れていましたね。

奥さんも台湾から日本に移住し、専業主婦になりましたが、日本社会に馴染めず、そのストレスが旦那に向かっていたみたいです。

そして、専業主婦になったはいいが、家事は一切できないので(というか、やる気がない)その旦那さんが家事全般をやっていたようです。

奥さんは、育児のみ。

旦那は、フルタイムで残業をこなし、帰りが遅いと怒られて、急いで夕食を作る。

休日は、平日の溜まった掃除と洗濯をこなす。

その横で、奥さんと子供はテレビを見ている。

うーーーーーん。

あなたがSなら構いませんが、かなり厳しい現実ですよ、これは。

しかし、私は、奥さんの就職先を旦那さんが頑張って探せば、うまく行くと思いましたよ。

多分、彼女は働くのが嫌いではないので、家にいる事がストレスになったのだと思いましたね。

まあ、あくまでも、一例という事で、家事全般が得意で家庭的な台湾女性もいると思います。
また、大人しい方もいるかと思います。

<まとめ>

台湾人男性は、超優しいので、独身女性におすすめ!

ドSな男性には、台湾人女性がおすすめ!

存分に可愛がってもらいましょうね。(笑)

また、結婚しても共稼ぎが基本と考える男性にも、台湾人女性が良いかもしれません。

共働きが普通ですから。

勿論、あなたが家事全般を半分するか、若しくは全てする事が必要になってきますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする