幼児のひらがな勉強や練習におすすめのおもちゃは?2週間でマスターした方法

ひらがなを覚えたければ、遊びながら覚えよう!海外在住の我が子が、2週間でひらがなを読み書きできるようになった方法とは?

この度、海外在住の我が子が、日本語学校に入学し、1年生になりました。

この学校は、土曜日の午前中しかないのですが、日本の教科書に沿って授業を進めます。
その為、入学前にひらがなが出来てないと、厳しいとの事でした。

娘は、アイパッドでひらがなのなぞり書きをしていました。
しかし、どうやらそれは、お絵描きの延長のようなモノになっていたのです。
つまり、文字として認識していなかったようなのです。

日本語学校の校長先生は、長年海外で日本語を教えている方で、アドバイスを頂きました。

―デジタルでなく、アナログの媒体を使う
(アイパッドやコンピューターよりは、本やドリルを使い紙に書く方が覚える)

―絵本の読み聞かせ

―まずは読む事に重点を置く
例えば、お風呂場や遊び部屋に、ひらがな表をはり、字に慣らさせる。指差しして聞く。

―かるたを使い、遊びながら覚えさせる。

―ひらがなを覚えるのは楽しいという風にもっていく。
(褒めまくるのも効果的)

上記なのですが、その中でもやった事がなかったのは、かるたでした。
また、ひらがなのアイパッドはやりましたが、楽しかったかは疑問です。

かるたか~。

確かに、遊びがないと、子供は嫌になっちゃうよね。

と思い、どんなカルタがあるのか調べてみました。

最初は、ことわざカルタとか、いろはカルタとかいいなと思いました。
しかし、これ、面白くはないですよね?

ことわざやいろはを覚えさせるのにはいいですが、遊びというよりは学習になってしまうのです。

そして、色々調べて購入したのが、このドラえもんカルタです。

娘は、ドラえもんの日本語DVDを見ていたので、キャラクターを知っていました。
ですので、これなら遊びながら覚えられると思ったのです。

そして、ドラえもんかるたは、期待以上の結果となりました!

幼児のひらがな勉強のおもちゃは、ドラえもんカルタをおすすめする理由4つ

  1. 裏面にひらがなが一文字づつ大きく書いてあるので、フラッシュカードとして使える
  2. カタカナの札もあり、上記同様フラッシュカードとして使える
  3. キャラクターの絵札なので、遊び感覚でできる
  4. 読み上げ分が、ドラえもんに基づいているので、ドラえもん好きには激押し

特に、カタカナも出来るのが素晴らしいです!

これだけで、他のカルタよりも一歩リードですね。

やはり、ひらがなの次は、カタカナを覚えなくてはいけませんからね。

 我が家が実際に行った方法

それでは実際に、娘がどのようにして、にひらがなを覚えたかを具体的に説明します。

★あかさたなの順に1日1行づつ覚える

1.あいうえお を一文字づつ読む(一文字づつ書いてある札)

2.あいうえお の5枚のカードを順不同でフラッシュカードにして読む
(全て間違いなく答えられるまで続ける。また、間違えた字は5回言う。)

3.あいうえお だけで、カルタをする(絵札)

4.あいうえお の順に、札を見ながら5回づつ書く

5.あいうえお の順に、何も見ないで書く

6.順不同で、書いてみる

7.あいうえお だけのカードで、言葉を作ってみる
あい(愛)、うえ(上)、いえ(家、言え)、あお(青)など、遊びながら。

8.最後に、あいうえお だけでカルタをする(絵札)

これが全て出来たら、次の行に進みますが、前日の行の復習も加えていきます。

★かきくけこ以降の手順

まずは、昨日やった復習として、あいうえお を順不同でフラッシュカードをします。
(答えられなかった字は、5回書きます)

上述のあいうえお を覚えた手順で、かきくけこもします

2番、7番、8番を今度は、かきくけこ に あいうえおも加えて行います

さしすせそ以降も、同様に行います。

これを繰り返し行い、ん。まで辿りつくまでリピートします。

★欲張らずに、一日1行づつがおすすめです。

ん まで終わったら、今度は濁音をやります。

濁音は、カルタに入っていませんが、ひらがな表や練習帳を見ながら行います。

娘の場合は、濁音やぴゃぴゅぴょ、そして小さい“っ”や伸ばす音“-”が入ると、混乱しました。

例えば、下記のような言葉ですが、練習して覚えました。

ぽっぷこーん
とらんぺっと
くらっかー
ちゅっぱちゃっぷす
ぎゅうにゅう

尚、字を書くのが、特に嫌いなおこさんは、まずは読めるだけでいいと思います。

そして、カルタ遊びをもっと多く取り入れたり。

私の場合は、娘と競争しました。
私が1回読み上げる前に札を取れなければ、ママが本気で取りに行くと。

そして、数を競うのですが、ママに取られる前に取らなくてはという緊張感が生まれます。
その事により、真剣になりました。
(しかし、じっくり考えたいお子さんの場合は、この方法は良くないかもしれません。)

お子さんの性格に応じて、学習の方法を変えてみて下さいね。
案外、親の思っていた性格と違う面を見る事もできるかもしれません。

普段は、おっとりとした性格なのだが、カルタとりになると、目の色が変わるとか(笑)
子供って、面白いですよね^^

遊びながら、学習ができ、親子のスキンシップも図れますので、激押しです!