オーストラリアに家族旅行。レンタカーを借りる時の注意とは?

オーストラリア在住の私からの忠告。
レンタカーを借りたら、こんな事に注意しないと、逮捕される?
絶対に覚えておかなければいけない注意点とは?

皆さんは、オーストラリアに旅行した時に、レンタカーを借りた事がありますか?

レンタカーを借りる時に、特に家族で旅行していて、お子さんがいる方は、絶対に注意して欲しい点があります。
まずは、免許ですが、日本で取得した国際免許でOKです。
国際免許は、1年間有効なので、他の国で旅行する時も使えますね^^
さて、オーストラリアでは、いくつか日本と異なるルールがありますので、それをお伝えしますね。

オーストラリアで運転するなら、異なるルールに注意

1.シートベルトは全員着用

まずは、シートベルトです。
シートベルト着用は、車に乗っている人全員に義務づけられています。
高速とか関係ありません。
普通の道でも、どこでも全てです。
見つかったら、罰金と減点です。

2.ベビーシート&チャイルドシートは義務

そして、チャイルドシートです。
これは、州によって基準が違うので厄介なのですが、7歳位までは、シートをしておいて方が良いですね。
これも見つかったら、罰金と減点です。

結構、警察は、チェックしてますよ。

レンタカーを予約する時に、リクエストしておきましょう。

3.子供を車内に置いておくのは、犯罪?

子供は、絶対に車内に残さないで下さい。
一緒に行動して下さい。
私の知人ですが、子供を5分車内に残した為に、酷い目にあった方がいます。
そのエピソードを、説明しますね。

オーストラリアは、チャイルドプロテクションが強い

これは、知人が体験した実話です。
日本人の方で、ゴールドコーストで、日本食品屋に買い物に行きました。

当時、彼女の子供は、1歳前後だったと思います。
日本食品屋についたのですが、子供が熟睡していたのです。
その為、起こすのもかわいそうだと思い、そのまま寝かせておきました。

車は、その日本食品屋の真ん前に駐車したので、お店の中からでも、車内の様子がわかるような状況です。
ですから、5分位ならいいかなと思い、そのお店に入ったのです。

そして、車の中の子供を気にしながら、買い物を済ませ、レジに並んでいた時の事です。

なんと!警察官が、車の中の子供を確認しているではないですか!

そして、何やら、テレビ局までもが来ています。

???

彼女が会計を済ませ、車に近づくと、警察官がこの車は、彼女の車で、中にいるのは、彼女の子供か確認したのです。

そうだと言うと、これは、Child abuse(チャイルドアビューズ・・・児童虐待)にあたると言われたのです。

そこでいきなり、テレビ局が彼女を映し、どういうつもりなんだ?と、詰め寄りました。
彼女は動揺し、何も言えなかったそうですが、顔を咄嗟に隠したそうです。

そして、警察が彼女の事を調べた所、前科はないし、放置した時間も5分だったので、今回は罪を免れる事ができました。

ですが、今度同じ事をやったら、逮捕すると警告されました。

なぜ、たったの5分の間に、警察とテレビ局が駆け付けたのか?
それは、それを見ていた人が、警察に通報したからです。

なぜ、たったの5分で、テレビ局が駆け付けたのか?
それは、ローカル局のロケ隊が暇だったからです(笑)
恐らく、たまたま、パトカーが来るのを見て、後をつけたのでしょう。

とにかく、たったの5分で、こういう事が起こってしまうのですよ、実際に!

犯罪者にならない為にも、これは注意して下さいね。

これは、日本でも徹底して欲しいルールですね。
まあ、5分10分で逮捕というのも厳しいですが、真夏に子供を車内に置き去りにして、パチンコに熱中して、お子さんが亡くなっているケースがいくつもありますのでね。
真夏は、5分で逮捕でいいのかも。

あ、パチンコで思い出しましたが、オーストラリアでは、所謂パチンコ(スロットマシーンなど)のような賭博の場所に子供を連れて行くと、やはりチャイルドアビューズになってしまいます。

絶対に連れて行かないで下さいね。
あなたが、捕まりますから。