恐るべしアフリカの民間療法、歯磨き粉のコルゲートは万能薬で湿潤療法と原理は同じ?

アフリカのコルゲートの使い方がぶっ飛んでいる!湿潤療法と効果は同じ?火傷や切り傷がきれいに治る?

私には、アフリカのケニア出身の黒人の友達がいます。

私は、今回紹介する、ぶっ飛び民間療法を推奨する訳ではありません。

なぜなら、通常は自分がやってみたいとは思わないからです。

しかし、限られた資源の状況下で(キャンプ、登山、アウトドアetc… )、他に方法が無ければ、やってみてもいいかもね!とは思います。

従いまして、この民間療法を試される方は、あくまでも自己責任でお願いしますね!

薬効成分は関係ない?ペースト状や軟膏状態なら効く?

事件は、突然に起こります。
私が、“電気たまごゆで器”を使っていた時の事です。

子供のお弁当に、ゆでたまごを入れようと思い、冬だったので、前夜に作っておこうと思ったのです。

電源をONすればいいだけなんで、簡単なんですよ。水も超少なくて済むしね。

夜だったのですが、キッチンの電気をつけなかったのです。
毎日のように使っているので、油断していたのです。・・・湯気がでている事に。

当り前だろ~~!

ゆでてるんだから、湯気くらい出るわ!

と、冷静に考えればわかるのですが、疲れていたのですよ。
ああ、きっと更年期障害のせいね・・・。

アラフィフはキツイわ。

って事で、ゆげが出ているのを爆無視し、湯気が出ている真上に手を伸ばしたのです。
(いや、電気つけなかったから、よく見えなかったのよ。)

アッツチィ~~~~~~~~~!!

私の腕は、一瞬にして湯気に破壊されました。
直に流水で冷やしたのですが、ぷっくりと赤紫の水膨れが出来てしまったのです。

グロテスクな外見に反し、あまり痛くなかったのですが、傷が目立つようで、人に会う度に、その腕はどうしたのかと聞かれました。

そして、前述のアフリカ人が、私の腕の火傷を見て、コオゲット、コオゲット!
と叫ぶのです。コオゲットとは何かと尋ねたら、コルゲートの事だと判明したのです。

が、なぜに火傷にコルゲート?

と、よく聞いてみると、何でも彼女が住んでいたケニアのある地域では、コルゲートは万能薬として扱われているとの事だったのです。

火傷や切り傷だけでなく、虫刺されや、かゆみや痛みなどなど・・・

それって、オロナイン軟膏とか、タイガーバームみたいな扱い?

ってか、薬効成分とか関係なくね?

などと思っていると、

とにかく家に帰ったら、コルゲートをたっぷり塗って、その上から包帯をして寝ろ。これが一番早く綺麗に治るから。

と、コルゲート治療をゴリ押しされたのでした。

う~ん、思うに湿潤療法と同じような原理って事ですかね?

ペースト状のモノで傷口を密封しとけばいいって事かなあと。

↓湿潤療法

https://www.hospital.japanpost.jp/kyoto/health/kizu.html

理屈は不明ですが、とても良く効くそうです。
皆さんも、興味があれば<自己責任>においてやってみて下さい。

しかし、絶対にミントが傷にしみるよね?

でも、そのミントが逆にいいのかも。

ムヒとかスース―するもんね。

虫刺されには、使ってみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする