カバン盗難で鍵と財布を紛失。警察に届けたら、何をすればいいの?

カラオケボックスでOL狩りにあった!1人暮らしでバッグを盗まれたら、何をすればいい?

私は、20年近く前に、カラオケボックスで未成年にバッグを盗まれました。

かなり前の話ですが、今でもやる事は同じなので、参考にして頂けたら幸いです。

最後のまとめに、やる事をリストアップしましたので、お時間がない方は、そちらをご覧下さい。

バッグを盗まれた時は、何をする?

バッグを盗まれたり、紛失したりすると、本当に大変ですよね。

特に、1人暮らしの女性にとっては、怖いですよね。

なんせ、バッグに部屋の鍵が入っているのですから。

という事で、まずは部屋の鍵を変える事です。

カギを使われて、更にモノを盗まれたりしたら、たまりませんからね。

さて、私の場合ですが、同じ駅の友人と会社帰りに、駅前のカラオケボックスで歌っていました。

深夜12時近くだったと思います。

隣の部屋の高校生と思われる4人組の男の子達が、一緒に歌わないかと誘ってきたのです。

奢らさせられたら嫌だなあ。

しかも、絶対に高校生でしょ?

と思い、無視していました。

しかし、しつこく誘ってくるのです。

面倒臭いと思い、あからさまに嫌な顔をして、無視をし続けました。

その時です。

本当に、あっという間の出来事でした。

扉を開けたかと思うと、サッと、私のバッグを椅子の上から取って、走りだしたのです。

私は部屋の奥にいて、バッグは扉の付近に置いていたのでした。

泥棒!

と、大声を出して追いかけましたが、猛ダッシュで逃げられました。

その後すぐに、カラオケボックスの近くの交番に行き、事情を説明しました。

その時に、盗難届も出しました。

私の場合は、大家さんが同じビルに住んでいたので、深夜でしたがベルを鳴らし、部屋の鍵を開けてもらいました。

そして、直に鍵屋さんを呼んで、カギを変えて貰いました。

その際に、自分の分を2つと、大家さんと不動産屋さんに渡すスペアキーを1つづつで、4つを作成しました。

また、銀行に連絡を入れて、キャッシュカードが盗まれた事を伝え、再発行手続きをしました。

そしてクレジットカードも止めて、再発行手続きをしました。

キャッシュカードやデビットカード系を先に止める。クレジットは保険がきくよ

私がやった事は、下記の順ですが、とにかく、キャッシュカード系は直ちに止めましょう。

  • 盗難届を出す
  • カギを変える
  • 銀行にキャッシュカード盗難の連絡と、再発行手続き
  • クレジットカードを止めて、再発行手続き
  • 運転免許証の盗難連絡と、再発行手続き

(ご注意)私がやったのは、この順番でしたが、それは交番がカラオケボックスのすぐ近くにあったからです。交番や警察署が遠い場合は、届け出は後回しにしたでしょうね。

また、今だったら当然、携帯を止める事も、真っ先に入ってきますね。

お財布ケータイとか、スイカも直に止めましょう。

当時は、携帯はまだ、そんなに多くの人が持っていなかったのです。

通話料金もメッチャ高かったですしね。(遥か昔の話ですね)

クレジットカードよりは、キャッシュカード系を先に止めた方がいいですね。

クレジットカードは、盗難されて使われても、保険でカバーする事も出来ますので。

現金よりも、クレジットカードの方が安全です。

因みに、私は過去に2回、クレジットカード番号が盗まれて、30万円以上を使われましたが、全て保険でカバーされました。

クレジットカード番号が2回盗まれたが、保険でカバーされ再発行がスムーズだったカード会社とは?

<余談>自分で犯人を特定したが、警察は犯人を捕まえられない?

さて、実は、私は自分で犯人特定に成功したのですが、警察は犯人を捕まえてくれませんでした。

あの日、交番に届け出た後で、おまわりさん達が近所を捜索してくれたのですが、少年達は見つかりませんでした。

そして、翌日に友人と一緒に例のカラオケボックスに行ってみました。

何か、手掛かりがあるのではないかと思ったのです。

事情を説明し、カラオケボックスの利用者名簿を確認させてもらいました。

そこには、代表者の少年の名前と電話番号があったのです。

まさか、本当の電話番号じゃないだろうと思ったのですが、試しに電話してみました。

すると・・・・・・

本人が出ました(爆)

私は、自分のバッグを返して欲しいとお願いしました。

しかし、少年が言うには、彼は被害者だというのです。

他の少年達に脅されて、無理やりやらされて、バッグはその少年達が取ったから知らないと。

その一連のやり取りを、本署の刑事さんに話しました。

刑事さんは、その少年達の事を知っていました。

彼らは、既に高校を中退しているから、退学を恐れる事はない。怖いモノなしだと。

しかし、親に弁償するように掛け合ってみるとの事で、後日、連絡を頂ける事になっていました。

二週間たっても何の連絡もないので、こちらから刑事さんに連絡すると、以前とは話が違っていました。

なんでも、少年事件は難しいから、解決するのは期待しない方が良いと言われたのです。

親に弁償させるという話は、どうなったのか尋ねると、一言、難しい。と。

私は、犯人を特定できたのに、泣き寝入りをするしかなかったのです。

1人暮らしでしたし、相手が少年4人だったので報復が怖くて、それ以上は何もしませんでした。

しかし、これを教訓として、それ以降は、バッグは自分の近くに置いています。

当り前の事なのですが、気が付くのが遅すぎましたね。

結構、自分ではしっかりしていると思っているが、実は、抜けているというのが身に沁みた事件でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする