アルバイトの募集詐欺の口コミ。若い女性は狙われる?

結婚相談所で夜間相談員のアルバイトをしたら、詐欺だった?募集広告の驚嘆の手口とは?

副業でアルバイトを探している方や、その親御さんへの警告として、この記事を書きました。

私は、1990年、当時は19歳の大学生でしたが、知らない間に、成人向け内容のお仕事をしていた事があります。
(古い話ですが、現在でも様々な手口で、詐欺のような話もありますので、気を付けて下さい。)

違う仕事内容で求人し、実際の仕事内容は違う副業詐欺

そう、あれはもう30年前近くの話です。
誰もが知っている有名アルバイト雑誌に、“結婚相談所の夜間相談員”としての募集があったのでした。

夜9時から深夜1時までで、時給が1,500円。

夜間のテレホンアポインターという触れ込みです。
(現在だったら、主婦の在宅テレホンアポインター募集!とか超怪しいですね。いや、別に正直に募集内容に成人向けとか書いてあればいいですが、マトモなテレアポのフリして違うというのは、詐欺かなあと。)

へえ~。結婚相談所かあ。

夜にも電話がかかってくるなんて、凄く人気のある所なんだなあ。

入会案内とかすればいいのかなあ?

それで1,500円なら、いい時給だな。

深夜1時に終わるので、帰りは家まで送迎してくれるんだ。

電話の仕事ってやった事ないから、経験として、やってみるか。

マニュアルも用意されてるだろうし。

と、軽い気持ちで応募しました。

驚嘆の事実。仕事内容は、なんと!成人向け通話?

面接の住所に辿り着くと、確かに、“〇〇結婚相談所”という看板が出ていました。

店内に入ると、こじんまりとした事務所のような感じです。

こんにちは。

と、声をかけると、奥の扉が開いて、オーナーらしき方が出てきました。

そして、奥の扉へ通されて再度、ビックリ!

表向きの事務所よりも広い、電話部屋があるではありませんか。

しかも、まるで、そこは秘密の部屋のような感じなのです。

その秘密の部屋に通されて、仕事内容を聞いている内に、

あれ?おかしいな?と思える会話になってきました。

「基本的には、話相手をするお仕事です。

いやらしい会話はしなくてもいいです。ただ、聞いていて下さい。

あと絶対に、自分からは、電話を切らないで下さいね。

そして、なるべく長く、会話が続くように話を盛り上げてくれると、もっと良いですけどね。

はあ?

話しを聞いているだけでもいいんですね?

そして、会話が長く続く方がいいんですね?

判りました。やってみます。

あれ? なんだか想像していた、

“結婚相談所の夜間相談員”という事務的なテレアポとは違うなあ。

と思ったのですが、息つく暇もなく、早速、私専用の電話につかされました。

電話がかかってくるのを待つのです。

暫くすると、電話がかかってきました。

しかし、どうやら相手の男性は、少し興奮しているようなのです。

????

私は、意味が判りませんでしたが、周囲のアルバイトの女性の電話対応と、相手からの電話の内容で、ようやく、そのテレフォンアポインターの真の仕事内容が飲み込めました。

そうです、その電話とは<成人向け有料課金制の通話>だったのです。

ただ、その店は、普通の素人の女の子”を売りにしていたようでして、

女の子と楽しく会話ができる。

という感じで、私達には、いやらしい会話はしなくてよい。

しかし、向こうがいやらしい会話をしてきたら、

適当に頷いて、聞いてるふりして、電話はつなげたままで、切ってはいけないよと。

今の私なら、過去の私に、

「真実見えるの、遅すぎだろ!しかも、その時間帯で、結婚相談所の相談員って、あり得ないでしょ?」

と、突っ込めますが、当時の私は、あまりにも世間知らずだったのです。

だって、あの某有名雑誌に、「結婚相談所の夜間相談員」と書いてあったし。

仕事内容は、テレホンアポインターと書いてあったし。

面接の時にも、内容はイマイチ、不明だったし。

⇒面接の時に、不明な事は、質問しましょう!(笑)

話しが違う!

完全に騙された!

そう思い、逃げ出そうと思った時には、既に5通目の私の電話が鳴っていました。

⇒なんやかんやいいつつ、電話応対してる私(笑)

その受話器を取ると、何やら、相手が沈み込んだ声で、元気がないのです。

「自分は、生きるのに疲れた。」

と言うのです。

お話しを聞いていると、どうやら彼女に振られた様子でした。

色々と励ましていると、元気を取り戻してくれたようで、また電話する。

と、最後は明るい声で、お別れしました。

良い事したなあ。

なんか人生相談?

これが、結婚相談所の夜間相談員の真の仕事だよね!

などと、満足していたのですが、結局は、成人向け有料課金通話です。

殆どが、成人向け内容で、その相手の話を聞いているのが、苦痛でした。

結局、私は3日で、このバイトを辞めました。

オーナーは、まっとうな方で、時間分の給与は頂きましたし、スムーズに辞める事が出来ましたので、その辺はラッキーでしたね。

まとめ
  • 求人情報の内容と、実際の仕事内容は、異なる事もある
  • 不明な点は、面接時に確認し、思っていた内容と違うなら、拒否する。
  • 時給が、似たような職種と比べて高い場合は、要注意
<余談>

こちらで働いている女性は、訳ありの方が多かったのですが、

皆さん、優しかったです。

その中の1人の方なのですが、交通事故に合い、顔面を崩壊した方がいました。

その方の忠告は、車に乗るなら、絶対にシートベルトをしろ。という事でした。

シートベルトをしていたら、ここまで酷くはならなかったと。

という訳で、このシートベルトの重要性の話は、こちらです。

https://he-sounanda.com/2018/03/15/seat-belt/